医療レーザー脱毛のお手入れの仕組みとは

医療レーザー脱毛のお手入れは、広告がたくさん出ている脱毛サロンよりも、日本人の女性からの関心が高いです。

でも日本人女性もそれほど裕福という家庭は多くはないので、費用という面から考えて、医療レーザー脱毛を諦めて、値段が安い脱毛サロンのドアを叩く人は多めです。



でも本当はお金に余裕さえあったら、ほとんどの人は医療レーザー脱毛へ向かいたいのが、日本女子たちの本音といったところでもあります。

本格派脱毛手段として医療レーザー脱毛は、国内の女性たちからの中心を集める方法です。
医療レーザーでの脱毛法の仕組みとしては、特殊な波長を持ったレーザー光を放ちまして、黒や茶色の色へと照射をして反応をさせるものです。

するとその毛の組織には強いダメージが加わって、毛は生えることのできない状況に変わります。

エステサロンでの光の照射の場合も同じような仕組みですが、毛は処理後も生えてくることがあります。



ダメージを光で与えるものの、エステサロンでの機器を使った照射は、弱い光だからというのが理由になります。

エステサロンの宣伝広告を見てみると、簡単に毛は消滅をしそうですが、エステサロンの脱毛はそんなに強い力がないために、毛は再生能力を温存して伸びてくることは普通にあります。

でも医療レーザー脱毛の場合は病院で使うことができるハイレベルな機器なので、毛の再生を許しはしないほど、強い力で再生を阻止します。
だからもう、レーザーで処理したら、毛は生えてこないことになります。